業務提携締結と「社会課題を解決するためのセミナー:デジタル改革のゆくえ」開催のお知らせ

株式会社LANGLEY ESQUIRE(本社:東京都千代田区、代表:ラングリー・ティモシー、以下「ラングリー・エスクァイア」)は、株式会社官民連携事業研究所(本社:大阪府四條畷市、代表:鷲見英利、以下「官民連携事業研究所」)とパブリックアフェアーズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表:酒井光郎、以下「パブリックアフェアーズジャパン」)と共に、三社それぞれの強みを活かし社会課題を解決するための仕組みづくりを目指して、業務提携をいたします。

その取り組みの第一弾として、「社会課題を解決するためのセミナー:デジタル改革のゆくえ」と題したセミナーを三社主催で開催いたします。本セミナーでは、政府のデジタル改革推進の方針と地方自治体のDXの取り組み状況を学び、日本のデジタル化社会の将来像を見通し、企業活動や国民生活がどう変わるのか論点を浮かび上がらせます。セミナーを通じて、政府、地方、アカデミア、企業がこれから、それぞれの役割をどう果たしていくことができるのかを探ります。

関連記事

政策における意思決定の裏側

政策における意思決定の裏側

弊社副社長の松崎豊は、約20年間国会議員の政策担当秘書を勤めておりました。元法務大臣の保岡興治議員と、現在東京都知事をしている小池百合子議員などの事務所におりました。

詳しくはこちら
Suga Japan FB Post Thumbnail

両天秤―菅政権における日中関係・日米関係―

安倍首相の退任に従い、世界はコロナウイルスの流行以来初めてのG7加盟国の政権交代に備えています。次期総理の最有力候補である菅義偉氏は、国政での経験と才能があるものの、官房長官時代に培ったスキルを外交の場で発揮できるかが注目されます。ここでは、菅氏が首相となった場合に考えられる日米関係・日中関係への影響についてお話しします。

詳しくはこちら