LANGLEY ESQUIRE と総合PR会社ベクトルが業務提携を締結

LANGLEY ESQUIREと総合PR会社ベクトルが業務提携を締結

拡大するパブリックアフェアーズ市場でお互いの強みを活用

株式会社LANGLEY ESQUIRE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ラングリー・ティモシー、以下ラングリー・エスクァイア)と、総合PR会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:西江肇司、東証1部:6058、以下ベクトル)は、社会課題を解決するパブリックアフェアーズ分野において、業務提携契約を締結しました。

ラングリー・エスクァイアは、 代表取締役ラングリー・ティモシーが2013年に設立した、 パブリックアフェアーズ・コンサルティング会社です。 日本における当分野のパイオニアで、 国内外資系企業や駐日外国大使館を中心とした顧客にサービスを提供しています。 同代表は中山太郎元外務大臣の秘書を務め、 外国人国会議員秘書第一号として有名で、 東北大学法学修士課程、 ジョージタウン大学ロースクールを経たのち、 村田製作所、 アップルジャパン、 ゼネラルモータースジャパンで法律顧問・パブリックアフェアーズ責任者を歴任し、 ジョージ・ブッシュ元大統領(米国第41代大統領)の来日時にファシリテーターを務めました。

ベクトルは、 国内最大の総合PR会社として「いいモノを世の中に広める」ためのコミュニケーション戦略を、 従来の戦略PR領域にとどまらず、 SNS 施策やアドテクを活用した動画戦略、 WEB メディア運営など最新のマーケティング手法を継続的に取り入れながらあらゆるコミュニケーションサービスをワンストップソリューションで提供しています。 2012年からはパブリックアフェアーズ事業を展開しており、 国内企業を中心に顧客を獲得しています。

この度の業務提携書締結により、 潜在的に高いニーズがあるパブリックアフェアーズ市場において、 ラングリー・エスクァイアの強みである外資系企業向けへのコンサルティングノウハウや国会議員・中央官庁のネットワークと、 ベクトルの中心事業である戦略PRや対政府戦略コミュニケーション能力といったソルーションを活用しながら、 両社の成長につなげていきます。 具体的にはJV(ジョイントベンチャー)でのパブリックアフェーアズ事業の受注やお互いのリソースを提供しあうことを想定しています。

【パブリックアフェアーズとは】

民間企業・団体、 国会議員、 中央官庁、 地方自治体、 マスメディア、 専門家などのステークホルダーともに社会課題を解決する。 このサービスを提供する企業は欧米では数千社にのぼる。 いわゆる「陳情型ロビー活動」とは違うもの。

【株式会社LANGLEY ESQUIRE 会社概要】

会 社 名    : 株式会社LANGLEY ESQUIRE

住 所       : 東京都千代田区六番町6-20-604

設 立       : 2013年1月23日

代 表 者    : ラングリー・ティモシー・パトリック

事 業 内 容 : パブリックアフェアーズ事業と経営危機管理のコンサルティングサービスを提供

U R L       : https://langleyesquire.com/?lang=ja

【株式会社ベクトル会社概要】

会 社 名    : 株式会社ベクトル

住 所       : 東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F

設 立       : 1993年3月

代 表 者    : 西江 肇司

資 本 金    : 2,580 百万円(2019年2月末日現在)

事 業 内 容 : マーケティング分野における戦略的PR

U R L       :  http://www.vectorinc.co.jp/